虫歯治療:PCP丸の内デンタルクリニック。

できるだけ歯を残す歯科医院・歯医者

歯科・PCP丸の内デンタルクリニック

東京駅 八重洲南口 徒歩1分


虫歯(う蝕)

虫歯治療イメージ
虫歯治療イメージ

「甘いものばかりを食べていると虫歯になりやすい」と言うのは何となく解っていても、どうしてそれが虫歯の原因になるのかをはっきり知っている人は案外少ないのではないでしょうか。

むし歯は、主にミュータンスレンザ球菌(以後ミュータンス菌)という細菌による感染症です。ミュータンス菌が、甘いもの(主にショ糖)をエネルギーとして作り出すネバネバ(グルカン)によって、歯の表面にフィルム状の細菌の被膜デンタル・プラーク(バイオフィルムとも呼ばれる)を作ってしまいます。

その結果、プラーク中の細菌がつくりだす酸によって歯の表面のphが下がり(酸性になり)、歯のエナメル質が溶かされてむし歯になってしまうのです。

とても小さい虫歯(虫歯のでき始め)であるならば、簡単な虫歯処置で済む場合もあります。大切な歯を痛める前に、早期発見・早期治療が大事である事は言うまでもありません。

虫歯の状態

歯医者さんに行くと、虫歯の事を暗号の様な呼び方で状態を表現していますが、その意味が分かれば事の重大さに気づく事があるかもしれません。

虫歯C1
虫歯C1

C1

虫歯の初期段階で、エナメル質(歯のいちばん固い外側の部分)が細菌に溶かされはじめます。C1の段階は、白いエナメル質の部分が乳白色やわずかに茶褐色になります。痛みなどの自覚症状は、ほとんどありません。自分で発見する事は難しいかもしれません。


虫歯C2
虫歯C2

C2

細菌が象牙質(エナメル質の次にある部分。歯の神経を守る壁)にまで達しています。C2の段階は、色が茶褐色から黒色になってきますので、ご自身でも虫歯であると分かります。

冷たい物がしみるようになり、更に症状が進むと熱い物がしみるようになります。また、固い物を噛むと痛い、疲れると痛くなるなどの自覚症状がでてきます。


虫歯C3
虫歯C3

C3神経が生きている場合

虫歯がさらに進行し、神経(歯髄)にまで達しています。神経に炎症をおこしていますので、どんどん痛みがひどくなってきます。しかし、

歯髄炎:Pul)
歯髄の腫れが神経を直接圧迫するので、急にひどく痛んだり、熱い物、冷たい物に敏感になります。神経(歯髄)をとりのぞき、根の治療=根管治療をしますので、5~6回程度の通院が必要です。

根尖性歯周炎
治療を受けずにほおっておくと痛みが止まる事があります。これは、神経が死んで感覚がなくなってくるからです。


虫歯C4
虫歯C4

C3~C4 神経が死んでいる場合

穴がどんどん広がって、歯がほとんどない状態です。歯の根の先にまで虫歯が進行しています。ここまできたら歯を抜く可能性が高くなりますが、歯根の状態が良ければ歯根を残し、さし歯を被せる事ができます。

歯根膜炎:Per
急に歯肉や顎が腫れたり発熱する事があります。神経が死んでいるので、冷たい物がしみる事はありません。しかし、熱い物を口に入れたり、体が温まる(夜間、入浴時等)と、強く痛む事があります。根管治療をして、消毒を繰り返し行いますので、7~8回程度の通院が必要です。

歯の根は前歯で1本、奥歯では2~3本とたいへん複雑に枝分かれていますので、治療するのに多くの時間を要します。炎症をおこした部分を完全に取り除かないと、再発する恐れがありますので、根気強く最後まで治療する必要があります。

当院の虫歯治療

虫歯で歯に穴があいてしまった場合、自然治癒は期待できません。原則として、虫歯になった部分を削って補修しなければなりません。しかし、歯は削れば削るほど脆くなってしまい、削って・埋めて・抜いてと言う治療を繰り返していれば、最終的に歯はなくなってしまいます。一度失ってしまった歯は、決して帰ってきません。

当院では、虫歯等の削る範囲を最小限に抑え(感染が進んでしまったところを取り除き、健康な部分は可能な限り残す)、歯根の治療もきちんと行い、できるだけ歯を抜かずに残す方針にて治療を行っております。

精密な虫歯治療

拡大鏡を使用した虫歯治療

拡大鏡を使用した虫歯治療

~「抜かない・削らない治療」へのこだわり ~

虫歯になった部分を削り取る時、できるだけ健康な部分(歯質)は残したいものです。そこで当院では、マイクロスコープやルーペ(拡大鏡)を使用した精密歯科治療を行っております。

マイクロスコープによる顕微鏡歯科治療は肉眼での治療と比べ見える情報量が圧倒的に違います。従来の経験と感に頼る事が多かった治療も、マイクロスコープにより確実かつ精緻に進める事ができるのです。

ルーペ(拡大鏡)は、診療のすべてを精密に行なう為に使用するものです。拡大鏡の使用により、診断の正確さが高まり、より安全な治療方法やアプローチが可能になります。術野を拡大観察する事で、それはこれまで見落としていた所見を発見する可能性を引き出し、 使用者に大きなメリットをもたらしてくれます。

とても小さい虫歯(虫歯のでき始め)であるならば、簡単な虫歯処置で済む場合もあります。大切な歯を痛める前に、早期発見・早期治療が大事である事は言うまでもありません。

》精密歯科診療・歯科治療について

歯の根の治療が大事

根管治療

根管治療

~ 根管治療は歯の寿命を決める重要な治療 ~
歯の根の先にまで虫歯が進行してしまった場合、根管治療(歯の根の治療・神経の治療)が必要になります。根管治療がきちんとできていないと、その上にいくら綺麗な被せ物や詰め物をしても、抜歯を余儀なくされる事になってしまいます。

根管治療は、歯を保存する為に無くてはならない治療です。つまり、例えて言うならビルの基礎工事のようなものです。

実はこの根管治療、かなり難しい治療なのです。なぜなら、歯の根の中(特に先端)は直接見る事ができず、根管の形も人それぞれ異なる為、細菌を完全に取り除く事が非常に難しいのです。この時にも、マイクロスコープやルーペ(拡大鏡)は治療の精度を上げるのに大きな効果を発揮してくれます。

当院では、虫歯で抜歯にならないように、可能な限り歯を残す事に努めております。

虫歯治療:
PCP丸の内デンタルクリニック
(千代田区丸の内の歯科医院・歯医者さん、東京駅 八重洲南口 徒歩1分)