ストローマンガイドシステム:PCP丸の内デンタルクリニック。

インプラント治療の計画段階における予知性を高めます。

歯科・PCP丸の内デンタルクリニック


ストローマンガイドシステム

インプラント治療の計画段階における予知性を高め、患者様の理解をより深めます。

ストローマンガイドシステムは、インプラント歯学において、より高い信頼性と予知性を提供することを目的としたものです。 補綴主導(さし歯・被せ物主導)のトップダウントリートメントにより最終修復物(さし歯・被せ物)の審美性予測が可能となり、 患者様の満足度向上につながります。

当院では、歯科医師と患者様、歯科技工所間の円滑なコミュニケーションを可能にするストローマンガイドシステムを導入しております。

ストローマンガイドシステムの特徴

■ 補綴主導のトップダウントリートメントによる予知性の高い設計
ストローマンガイド・システムは、外科的、補綴的にも適切な位置へのインプラント埋入を可能にします。1つの症例に対して歯科医師、歯科技工士といった歯科専門家がチームとして最初から関わることで、審美性や機能性などの面で従来法に比べより予知性の高い結果を得ることが可能になります。

■ 外科術式における精度の向上
3D(CB)CTデータには、従来の2Dレントゲン写真よりも多くの情報が含まれています。この豊富な情報をもとに製作したインプラントポジションのプランニングとサージカルガイドが、外科手術の信頼感と安心感を高めます。またガイデッドサージェリーによって低侵襲手術が可能となり、患者様の負担の軽減が期待できます。

■ 患者様とのより良いコミュニケーション
多彩な画面表示機能によって、治療のオプションの選択理由を効果的に患者様に説明できます。さらに専用の3D 眼鏡を装着すると、専用ソフトウェアで患者様に自分の顎の状態を立体的に確認いただくこともできます。

ストローマンガイドシステム

ストローマンガイドシステム:
PCP丸の内デンタルクリニック
(千代田区丸の内の歯科医院・歯医者さん、東京駅 八重洲南口 徒歩1分)