SAS(睡眠時無呼吸症候群)と"いびき"でお悩みの患者様へ:PCP丸の内デンタルクリニック(東京駅 徒歩1分の歯科医院)

東京駅 八重洲南口 徒歩1分

tel 03-5221-8241

SAS(睡眠時無呼吸症候群)と"いびき"の治療

大切な人のその "いびき" 大丈夫ですか?

"いびき" は単にパートナーの睡眠を妨害するいやな「音」だけでなく、睡眠中に呼吸が停止する"SAS" (睡眠時無呼吸症候群)や、重度の合併症を引き起こしている場合もあります。

SAS(睡眠時無呼吸症候群)と"いびき"でお悩みの患者様へ


当院では、SAS(睡眠時無呼吸症候群)といびきでお悩みの患者様の治療に、CPAP治療や外科手術に代わる快適で新しい口腔内装置(上下顎分離型のスプリント)にて、いびきの治療を施術しております。

睡眠時無呼吸症候群といびきでお悩みの方は、是非一度ご相談下さい。

SAS(睡眠時無呼吸症候群)とは

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは、睡眠中に舌(した)や軟口蓋(上あご奥の柔らかい粘膜)が弛緩(緩むこと)し、一時的に気道が閉塞されるため、呼吸が停止する病気です。

呼吸の停止により脳が酸素不足を感知して、呼吸を回復するために一時的な覚醒(目覚め)を即すので、窒息することはありませんが、この呼吸状態を一晩に何度も繰り返すことで、睡眠不足による昼間の強い眠気や、さまざまな病気を誘発することがわかっています。

正常な人の睡眠時における気道状態 ● 正常な人の睡眠時における軌道状態
「いびき」発生時における気道状態 ●「いびき」発生時における気道状態
舌や軟口蓋が弛緩し、呼吸により軟組織が振動し「いびき」となります。
完全に気道が閉鎖した状態 ● 完全に気道が閉鎖した状態
舌や軟口蓋が弛緩し、気道を一時的に閉塞する事で呼吸が停止します。

睡眠時無呼吸症候群の定義

一晩(7時間)の睡眠中に10秒以上の無呼吸が30回以上、または、睡眠1時間あたりの無呼吸数や、低呼吸回数が5回以上発生し、そのいくつかはノンレム睡眠期(熟睡時)にも出現する。

当院でのSAS(睡眠時無呼吸症候群)治療について

当院では、睡眠時無呼吸症候群の治療に、快適な上下分離型口腔内治療装置SomonoDent MAS(ソムノデント MAS)をご提案致します。

ソムノデントMASとは

ソムノデントMASは、患者様個々の歯列にあわせてカスタムメイドされた装置でです。上下歯列にフィットするプレート部分と、その形状で特許が取得された独自のウイング部で構成されています。

就寝中にソムノデントMASを装着する事で、下あごを楽に前に出した状態を維持でき、気道の閉塞を抑制・調整する事ができます。

● 快適な装着感
従来の一体型(モノブロックタイプ)の口腔内装置と異なり、上下が完全に分離している為、装着時の拘束感を軽減し、装着中に口の中を開いたり、会話や水を飲む事、咳やあくびも自由にできます。また、内面にはストレスを吸収する軟質レジン(樹脂)を使用しているので、脱着も容易に行えます。

● コンパクト設計
装置は手のひらに載るほど軽量、コンパクトです。ご家庭だけでなく、出張や旅行などにも手軽に持ち運びができます。

● 上顎が無歯顎(総入れ歯)でも装着可能
上顎無歯顎用として、エデンチュラスタイプ(無歯顎用)をご用意しています。

● 品質管理と品質保証
ソムノデントMASには、個々の患者さんの装置が製造番号(シリアル№)によりその品質が管理されています。使用されている材料は、すべて国内で許可された医療機器により製造されています。なお、装置は製造メーカーの保証規定により装着後30ヶ月間保障されています。
(紛失や誤った取扱による破損や変形を除く)

特徴と利点

通常、軽度から中程度のSAS患者を治療する場合、患者の日常生活において、治療装置をいかに適切かつ継続的に使用できるかが重要なポイントとなります。

ソムノデントMASは、装着時に受ける不快感や拘束感をできる限り少なくする事で、患者が装置に適応するまでの期間を短縮し、結果継続的な使用と治療に専念する事ができる新しい口腔内治療装置です。

2002年ACCP(American College Chest Physicians)は、コンプライアンス(なれ・順応性)に関して、口腔内治療装置がCPAPよりも優位性が高いと報告されています。

  • 装置装着中に口唇を閉じることができる。
  • 個々の患者に正確にフィットする。
  • 開校が自由におこなえる。
  • 会話や水を飲む事、あくびも自由におこなえる。
  • 下顎位置の微調整が容易である。
  • 睡眠試験と合わせて調整状態をモニタリングできる。

ソムノデントMASの大きな利点の一つとしては、従来の口腔内治療装置と大きく異なり、患者のコンプライアンスの改善、すなわち装着後の自由な開口、会話、あくび、水を飲む事ができるという点が挙げられます。

ソムノデントMASは、CPAPに代わる、または併用が可能な製品です。従来の口腔内装置とは異なり、口唇を完全に閉じる事ができるという点、そしてマスクを装着する際の妨げにならないという点でCPAPとの併用が可能となり、CPAPの加圧力を低減することも可能です。日常(自宅)就寝中はCPAP、旅行などの外出先ではソムノデントMASを使用するという選択的な利用も可能です。

  • SAS患者の95%は、ソムノデントMASの継続利用を望んでいる。
  • ソムノデントMASを使用している患者の83%は、睡眠の質が改善されたと認識している。
  • ソムノデントMASを詳報した患者の86%が、毎晩ソムノデントMASを使用している。

睡眠時無呼吸症候群による症状や合併症

睡眠時無呼吸症候群と聞くと、過去に山陽新幹線の運転手が運転中に寝てしまい、岡山駅を通り過ぎた事故にもあったように、昼間の過度な眠気を思い出す方も多いと思います。

しかし、この病気は、単に昼間の強い眠気を感じるだけではなく、放っておくと血中の酸素不足により、心肺機能へ大きな負担がかかり、心筋梗塞や脳こうそくなどの生命にかかわる合併症を生じる可能性もあるので、注意が必要です。

睡眠時無呼吸症候群の主な症状 睡眠時無呼吸症候群の主な合併症
  1. 1.大きな「いびき」
  2. 2.日中の極度な眠気
  3. 3.睡眠中の多動
  4. 4.夜間の多尿
  5. 5.起床時の頭痛や頭重感
  6. 6.性格の変化
  7. 7.夜間の窒息間や息切れ
  8. 8.性機能低下 など
  1. 1.脳拘束
  2. 2.心筋梗塞
  3. 3.不整脈
  4. 4.高血圧
  5. 5.糖尿病

生活環境の変かにより日本国内でも200万人以上の潜在的な患者が存在し、今後もさらに増加傾向にあるとも言われている病気です。疑いのある方は、受診・検査をお勧め致します。ご相談のみでも結構です。睡眠時無呼吸症候群といびきでお悩みの方は、どうぞお気軽にご相談下さい。

患者様の声

ここでご紹介する感想は、実際にソムデントMASをご使用の患者様から寄せられたものです。
ご注意:本装置を使用した睡眠時無呼吸症候群の治療効果を保証するものではございません。

★ 患者様の声1

『20年来の苦しみから解放されて』
多くの人にとり「眠り」とは心地よきものでしょう。しかし、私にとってのそれは少々異なるものでした。 夜毎に「ビー玉」や「アメ玉」といった「異物」を喉に詰まらせる夢を見ては、苦しくて飛び起きるのです。一晩に幾度となく窒息死の疑似体験をしているようなものです。そのようことが20年続いておりました。

専門医の診断は「睡眠時無呼吸症候群」。「鼻シーパップ(CPAP)」も試してみましたが、 「鼻中隔彎曲」で鼻づまりがひどい私にとっては、装着中却って苦しみが増すばかりでした。

その後も自分に合った治療法に巡り会えずに苦しんでおりました折、 日頃よりお世話になり信頼申し上げております歯科医の先生より「ソムノデントMAS」をご紹介頂きました。 装着致しましたその日の晩より、明らかに「発作」の頻度が激減し、今では床に就くことが以前ほど苦でなくなりました。

横で寝ている家内にも長い間、大変苦労をかけましたが、今は夫婦ともども先生と「ソムノデントMAS」に大変感謝致しております。誠に有難うございました。

★ 患者様の声2

一体型のスプリントは、唾液が多量に出ることに加え、隙間が無いために唾液を吸い込むことができない。口腔内で唾液が溢れ呼吸がしにくく、恐怖感を伴う。 特にアレルギー性鼻炎による鼻閉もあり、装着して寝ることが困難。中途覚醒が多く、その度にトイレに立つ。朝まで装着することはできなかった。

分離型スプリント(ソムノデントMAS)は、装着感に違和感が全くなく、 前者と違い呼吸が楽にできるため、恐怖感が無い。CPAP治療も従来のスプリント治療も積極的に行うことには躊躇したが、この分離型スプリント(ソムノデントMAS)であれば、毎日使用することも苦ではない。

また、この装置を使用し始めてからトイレに起きることも無くなり、熟睡感が得られるようになった。 更にこの装置は上下分離型なので、装着時でも会話は勿論、水を飲むことも可能。優れた装置。 特に最初に分離型を経験していただけに、一体型を使用することは困難を極める。

この装置が保険適用になることを切に望むところです。保険適用が難しい場合、 この感触の違いを経験されれば、たとえ高額であっても多くの方々がこの装置の装着を希望されることと思います。

以上簡単ですが感想を述べさせて頂きました。 この装置をご紹介くださった先生に心より感謝申しあげます。

▲トップに戻る

お問い合せは、03-5221-8241まで

ご予約お問合せ

受付時間

月~金曜日
 9:30~13:00 14:00~19:00
土曜日
10:00~13:00 14:00~18:00

休診日

日曜日・祝祭日

医院案内・アクセスはこちら お電話でのお問合せはこちら メールでのお問合せはこちら

SAS(睡眠時無呼吸症候群)と"いびき"の治療:千代田区丸の内の歯科医院・歯医者さん PCP丸の内デンタルクリニック