虫歯(う蝕)・虫歯の治療について:PCP丸の内デンタルクリニック(東京駅 徒歩1分の歯科医院)

東京駅 八重洲南口 徒歩1分

tel 03-5221-8241

虫歯治療

虫歯(う蝕)

虫歯治療イメージ 「甘いものばかりを食べていると虫歯になりやすい」と言うのは何となく解っていても、どうしてそれが虫歯の原因になるのかをはっきり知っている人は案外少ないのではないでしょうか。

むし歯は、主にミュータンスレンザ球菌(以後ミュータンス菌)という細菌による感染症であることが判って来ました。

ミュータンス菌が、甘いもの(主にショ糖)をエネルギーとして作り出すネバネバ(グルカン)によって、歯の表面にフィルム状の細菌の被膜デンタル・プラーク(バイオフィルムとも呼ばれる)を作ってしまいます。

その結果、プラーク中の細菌がつくりだす酸によって歯の表面のphが下がり(酸性になり)、歯のエナメル質が溶かされてむし歯になってしまうのです。

▲トップに戻る

虫歯の状態

歯医者さんに行くと、虫歯の事を暗号の様な呼び方で状態を表現していますが、その意味が分かれば事の重大さに気づく事があるかもしれません。

虫歯C1C1
虫歯の初期段階で、歯の表面(エナメル質)だけが虫歯にかかっている状態です。C1の段階は、白いエナメル質の部分が乳白色やわずかに茶褐色になります。痛みなどの自覚症状は、ほとんどありません。自分で発見する事は難しいかもしれません。


虫歯C2C2
この段階では、象牙質にまで虫歯が進行していますが、まだ神経(歯髄)にまではとどいていません。C2の段階は、色が茶褐色から黒色になってきます。
冷たい物がしみるようになり、更に症状が進むと熱い物がしみるようになります。また、固い物を噛むと痛い、疲れると痛くなるなどの自覚症状がでてきます。


虫歯C3C3 神経が生きている場合
虫歯がさらに進行し、神経(歯髄)にまで達しています。神経に炎症をおこしています。(歯髄炎:Pul) 歯髄の腫れが神経を直接圧迫するので、急にひどく痛んだり、熱い物、冷たい物に敏感になります。神経(歯髄)をとりのぞき、根の治療=根管治療をしますので、5~6回程度の通院が必要です。


虫歯C4C3~C4 神経が死んでいる場合
歯の根の先にまで虫歯が進行しています。(歯根膜炎:Per)急に歯肉や顎が腫れたり発熱する事があります。神経が死んでいるので、冷たい物がしみる事はありません。しかし、熱い物を口に入れたり、体が温まる(夜間、入浴時等)と、強く痛む事があります。根管治療をして、消毒を繰り返し行いますので、7~8回程度の通院が必要です。

歯の根は前歯で1本、奥歯では2~3本とたいへん複雑に枝分かれていますので、治療するのに多くの時間を要します。炎症をおこした部分を完全に取り除かないと、再発する恐れがありますので、根気強く最後まで治療する必要があります。

とても小さい虫歯(虫歯のでき始め)であるならば、簡単な虫歯処置で済む場合もあります。大切な歯を痛める前に、早期発見・早期治療が大事である事は言うまでもありません。

▲トップに戻る

当院の虫歯治療

虫歯で歯に穴があいてしまった場合、自然治癒は期待できません。原則として、虫歯になった部分を削って補修しなければなりません。当院では、虫歯等の削る範囲を最小限に抑え、歯根の治療もきちんと行い、できるだけ歯を抜かずに残す方針にて治療を行っております。

▲トップに戻る

お問い合せは、03-5221-8241まで

ご予約お問合せ

受付時間

月~金曜日
 9:30~13:00 14:00~19:00
土曜日
10:00~13:00 14:00~18:00

休診日

日曜日・祝祭日

医院案内・アクセスはこちら お電話でのお問合せはこちら メールでのお問合せはこちら

虫歯・虫歯治療:千代田区丸の内の歯科医院・歯医者さん PCP丸の内デンタルクリニック