診療主旨・ご挨拶

:PCP丸の内デンタルクリニック(歯科医院・歯医者)

歯科・PCP丸の内デンタルクリニック


私の目標

院長・安田和光
院長・安田和光

~いつまでも健康な口内環境の維持~
多くの方の歯科治療のパターンは以下の通りです。

  1. 歯が痛くなったら歯医者に行って、治療をする
  2. 痛みが無くなり、なにも無かったかのように安心
  3. 今までの生活習慣(歯に対して)の通りに生活をする
  4. 歯の痛みが生じたら歯科医を探し訪問する」→1へ

または、

  1. 歯が痛くなったら歯医者に行って、治療をする
  2. 痛みが無くなり、なにも無かったかのように安心
  3. 治療中であるが、痛みを感じないため通院をしなくなる
  4. 歯が痛くなったとき、前回の歯科医に行きづらいため、 別の歯科医を訪問する

しかしこれでは、痛くなる、噛めなくなるなど「事が起きてから」しか通院しない事になります。そして大抵の場合、そのような自覚が出てきた頃には、虫歯や歯周病などの症状が標準以上に進行しているものなのです。気付いた時には手遅れなのです。

その結果、大切な自分の歯を抜かなければならなくことや、月に何度も治療に通うことになったりしてしまいます。

ですから、私の考えとしましては 2~3ヵ月に一度でも定期的に、かかりつけの歯科医に患者様が自分から通ってメンテナンスを受ける、そのような「予防をメインとした歯科医療」を、常に目標にしています。

想いに応える大切さ

~治療のその先にあるものが見えています。~
色々な患者様が、それぞれの治療の為に当院を訪れて下さいます。

「歯が抜けてしまって噛めないから、インプラントを入れてほしい」
「ホワイトニングで、歯をきれいにしてほしい」
「歯が痛いので治してほしい」

それぞれの患者様に、それぞれの治療があります。丁寧に説明を行い、痛みはできるだけ感じないようにし、患者様を気遣いながら、正確で確実な治療を施す。これでも、患者様はその時は満足されるかもしれません。しかし当院では、「患者様の想いに応えること」までを考えて、診療にあたらせて頂きます。その「想い」とは、患者様から直接聞けない事も少なくありません。

「インプラントを入れて、お友達と素敵なレストランでの食事を楽しみたい」
「歯をきれいにして、その美しさが長持ちするようにしてほしい」
「歯がまた痛くならないためにはどうしたらいいのか、教えてほしい」

ならば、インプラントの入れ方に審美的な観点を必ず取り入れて施術を行う必要が出てきます。歯の美しさを保つ為には、歯科医院で行うホワイトニングの他に、ご自宅でも好きな時に行えるホームホワイトニングがある事をお話します。
また、ブラッシング指導や、定期的なメンテナンスの有効性の説明も行なっていきます。歯がまた痛くならないためには、その患者様の磨き方の癖を歯周ポケット検査で把握し、お伝えします。

私たちには、「治療のその先にあるもの」が見えています。それが患者様の、心からの笑顔や安心へとつながります。

そんな、皆様の豊かな毎日を提供させて頂く役割を、私たちは誇りに思い、今日も歯科医療に取り組ませて頂来ます。

診療主旨 :
PCP丸の内デンタルクリニック
(東京都千代田区丸の内)